生活まとめNavi

雇用統計と緩和策を知る


雇用統計などから求人傾向を探る
トップ » 雇用・派遣・求人

投稿

Site Info

これから雇用の緩和が起きる流れ

昨今の就職状況は大変厳しく、氷河期などと表現されている。しかしここ最近は、円安や日経平均株価のニュースで景気回復の兆しを思わせるニュースが多くある。アベノミクスで雇用の緩和が起こるといった効果が期待されている証拠ではある。アベノミクスを簡単にまとめれば財政政策、金融政策、成長戦略の3本の矢である。この円安が続くと、円安で日経企業が儲かり生産増強が行われる。儲かれば仕事が増える、仕事をこなすためには多くの人が必要だから従業員を増やそうということだ。実際に、高卒、大卒の就職率では僅かながらではあるが上昇しており、雇用緩和が始まっている。

派遣会社による一般的な派遣法について

一般的な派遣法は、派遣会社が会社に登録した人の能力・素養・希望等と契約先のニーズを照合して各人の仕事先を決めるというスタイルをとります。また契約先との協議の上、人材を決めるといった方法がとられるケースも少なくありません。面接や給料その他、待遇の取り決めに関しては、言うまでもなく派遣会社が管理、支給等一切を行います。派遣法は採用種類に関しては、アルバイト、パート、契約社員、嘱託社員のどれかの扱いであり、正規社員は例外を除いてありません。就業期間については、予め決まっている場合もありますし、無期限の場合もあります。

人事担当者の印象も求人では大事

人事担当者の印象も求人では大切です。対応が悪かったり、疲れていたり、元気がない場合には注意が必要です。人として信頼できる人かどうかを見極めなければなりません。また、従業員のことを大切に考えていて、会社の部品のように扱うのではなく、どう人を育成していくのかを考えているような人物であるかどうかをチェックするとよいでしょう。求人の良し悪しは人事担当者だけでなく色々な判断基準がありますが、結局は労働者を尊重してくれるかが最も重要なものです。労働者を使い捨ての部品のように取り扱っている印象なら内定しても辞退した方がいいでしょう。