生活まとめNavi

金融商品を知った上で投資を


投資に際して金融商品を学ぶ大切さ
トップ » 金融・投資

投稿

Site Info

投資の第一歩としての株式投資

銀行の定期預金だけでは、満足に資産を殖やすことはできません。老後のため、教育費のため、万一の備えとして投資をすることを皆が一度は考えることでしょう。株式投資というと難しく感じるけれど、元手も数万ほどから始めることができるお手軽な運用方法の一つです。ただし、不動産などよりは安定性は弱いとも言えますので、判断を誤ると損をするリスクがありますので少額でも油断しないでおきましょう。投資をする際は株式投資する銘柄の動向を事前にある程度観察しておき、買い時を逃さないことで絶好のスタートを切りたいものです。

金融という言葉の語源についての解説

金融の語源とはそのまま「お金を融通する」という事です。銀行などはこの取引を円滑にする役割を担っており、この役割に貢献している経済主体はお金の流れを滞らせないために現代ではどこの国においても欠かせない重要な機関となっています。大昔に物々交換で暮らしていた時代から徐々に進化をし、現在はお金をサービスや商品と交換する手段として使っています。金融の語源の誕生自体は紙幣や硬貨という通貨が出来て以降ではなく、物質としての金が交換手段として通貨の役割を担うようになってからであると言われています。

金融関係の外資系企業のイメージ

玉石混交という言葉がありますが、外資系の金融関係の企業というのは、特に金融関係でのイメージは色々なものがあり過ぎて、ひと言では評価ができないですが、日本的な家族や和というイメージは全くなく、利益優先の事業拡大で、良い意味でも悪い意味でも、とてもシビアだという感じはします。経済の世界で生きていくためには学ぶべきところも多く、鍛えられるのが、それらの会社ではないかとも思います。しかし最近では日本の企業でも同じだとは思いますが、まだ外資系金融機関のほうが一枚上手という感じはします。