変色した歯でもホワイトニングできるのか

MENU

変色した歯を白くするホワイトニングとは

ホワイトニングならセルフ

 

ホワイトニングとは、白くするという意味ですが、主にホワイトニングといえば歯科の分野で行われるもので歯の色を白くしたり、変色した歯を白くする手段を指します。

 

ホワイトニングといっても、その種類はさまざまで、汚れが付着している場合にはクリーニングするだけでもホワイトニングの効果を得られます。

 

ただ一般にホワイトニングと言われるのはブリーチング、マニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンといった歯自体が変色したものを白くするものを指します。

 

いずれの場合にしても白くするのには時間が掛かります。これは歯から変色原因の色素を取り除くといった行為のためです。

 

このため1度の治療で白くすることは難しく複数回通う必要があり、多くは審美歯科などではコースとして設定しています。また歯科医院内で行うものと自宅で行うものの2種類がありますが時間を掛けて行うことから両方を採用しているホワイトニングもあります。

ホワイトニングの仕組みとメリット

狭い意味でホワイトニングと言えばブリーチング(漂白)を指しており、この場合には過酸化水素が分解するさいに発生するヒドロキシラジカルやヒドロキシラジカルなどのフリーラジカルが、歯を変色させている着色有機物の二重結合部分を切断し低分子化することによって起こる無色化により色を分解し歯の明度を上げるというものです。

 

このブリーチングのメリットは、自身の歯から色を抜くため歯を削ることなく白くすることができます。

 

ただし漂白に掛かる時間は長く、歯科医院内で行う場合にはハロゲンライトやプラズマアークライト、レーザー、LEDなどの光源を利用して過酸化水素の分解を促進させることで効果が出やすいようにします。

 

また過酸化水素剤が他の場所に付着しないように専用のマウスピースを作り、そこにジェル状の過酸化水素剤を塗ることで歯を過酸化水素に晒す仕組みです。自宅で行う場合も同様ですが頻繁に通院する必要がないぶん時間を気にしないで歯を白くすることができます。

ホワイトニングではどんな歯でも白くなるのか

ホワイトニングそのものは何らかの方法で歯を白くすることを指しますが、その種類によっては白くならない場合もあります。例えばブリーチングは天然の歯から色素を抜くことによって白くする仕組みですから、当然ながら天然の歯でなければ効果は得られません。

 

また神経を抜くと歯は黒くなってしまいますが、この場合もブリーチングで白くすることはできません。ブリーチングはあくまでも健全な歯を対象とした漂白になります。

 

一方でブリーチングで白くできない場合にはマニキュアやマニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンといった方法が行われます。特に歯を新たに傷つけることなく行えるのがマニキュアです。効果は長くても半年程度で1日だけ白くするというものもありますが、表面にマニキュアを塗るだけなので痛みもありませんしブリーチングと異なり1日で白くさせることができます。

 

 

また歯そのものに問題がある場合には、いわゆる被せと呼ばれる方法になりますがラミネートベニヤやセラミッククラウンという方法で歯を白くすることができます。