セルフホワイトニングの気になる値段

MENU

家庭で使えるコンパクトサイズが人気

ホワイトニングならセルフ

 

白くて輝く美しい歯は口を開けたときのイメージが明るくなって素敵なので、多くの人が憧れています。

 

以前は芸能人やセレブだけが行っていましたが、最近は一般人もホワイトニングを受ける人が増えていて当たり前の治療として定着しています。専門のクリニックに通って治療を受ける以外に、家庭で自分で行うセルフホワイトニングも人気が上昇しているので照射器の種類もたくさん登場しています。

 

狭い自宅の部屋でも無理なく行えるようなコンパクトサイズのセルフホワイトニングマシンは特に人気があって、1万円前後で購入できます。

 

机の上に置いて簡単にライトを当てられるので特殊な設備がなくても実践できて、クリニックの予約を取って出かけなくても自分のペースで進められるのがメリットです。ハンディタイプで直接手に持ってライトを当てるマシンもあり、初心者でも簡単に使えて気軽に挑戦できます。

 

白さの段階も調整できて便利です。

プロ用のモデルも意外と安く手に入る

セルフホワイトニングの照射器には最初から家庭用に開発されたものと、クリニック用のものがあります。家庭用なら安いものは3000円台からあり、1万円以下で手に入るのが普通です。
審美歯科などクリニック向けに作られたマシンでも安いものは2万円台で売られていて、平均価格は5万円前後なのでほかの美容家電に比べてもそれほど高くありません。

 

マシンの質はメーカーによって異なるので、あまりにも値段が安い海外製のものだとしっかりホワイトニングの効果が得られなかったり数回使用しただけでライトの出力が落ちてきたりします。

 

国産のものやホワイトニングの技術開発が進んでいるアメリカや北欧などのメーカーが作っているマシンなら安心感があり、細かい設定ができたりカメラ付きで見やすいものや口の中でしっかりフィットして固定しやすいことや、お手入れが簡単なことなどメリットがたくさんあるので慎重に選びましょう。

トータルコストを考えて導入するのがおすすめ

セルフホワイトニングの照射器は、本体の値段が安くても頻繁にライトを交換する必要があったりホワイトニングジェルを大量に使うためジェル代がかかったりすることもあるので導入するときはトータルコストを計算することも大切です。

 

本体は数千円で手に入っても、すぐに壊れてしまったりメーカーの保証サービスがなくて困ったりするケースもあり、あまりにも安い家庭用マシンは不安が残ります。
クリニック用に開発された卓上タイプやハンディタイプのマシンなら自分で行うときも扱いやすくて、家庭用より強力です。値段は2万円から5万円くらいで激安とは言えませんが、長期間使えることや製造メーカーが信頼できること、アフターサービスが付いていることなどを考えるとコストパフォーマンスがよいので選択肢に入れてみましょう。

 

電池を使うものと電源コンセントを使うものがあるので、持ち運びや使う場所も考慮して気に入ったものを探しましょう。