フッ素にホワイトニング効果はあるのか

MENU

表面をコーティングして丈夫にしてくれる

フッ素は様々な製品に配合されているので、その名前を知っている人も多いでしょう。効果や効能としては、歯を丈夫にする、表面に膜を作って細菌を寄せ付けないようにしてくれる、などということが謳われています。

 

では、どんな場合に使用しても良い働きをもたらすのでしょうか。実は、そうでもありません。

 

この成分は、エナメル質に作用してそれを丈夫にする成分です。エナメル質の中には、カルシウムやリンなどでできたハイドロキシアパタイトという物質が含まれています。この物質は、フッ素と結び付くことで、フルオロアパタイトという物質に変わります。

 

フルオロアパタイトという物質は酸に強く、口の中の唾液などによってエナメル質が溶かされてしまうのを防いでくれるのです。そのため、組織の表面が厚く丈夫になり、虫歯菌などを寄せ付けなくなるのです。これが、表面に対するコーティングと呼ばれているものとなります。

表面がコーティングされると漂白剤が浸透しにくくなる

では、この成分にはホワイトニング効果もあるのでしょうか。エナメル質が丈夫になるのであれば、使ってみたいという人も多いでしょう。健康になるのですから、白い歯になるのではないかと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、実はこの成分は何にでも良く働くというわけではありません。ホワイトニングをしたい場合には、逆にそれが邪魔になってしまうこともあるのです。

 

それはどうしてでしょうか。

 

エナメル質の部分に、フルオロアパタイトという成分が作られた場合、エナメル質そのものは丈夫になります。これが傷んでしまうと虫歯になりやすくするため、口の中の健康自体にとってはとても良い成分なのです。

 

しかし、汚れやステインと言うのはそれよりも奥にある部分に付着しています。

 

汚れが付いているのは、エナメル質よりも奥にある象牙質という部分です。ホワイトニング剤は、この象牙質の部分に働くことで、汚れを浮かせたり漂白したりします。その漂白成分が、象牙質まで届かなくなってしまうのです。

フッ素を使用するのであればホワイトニングの後にすべき

ホワイトニングならセルフ

 

このように、フッ素はエナメル質を守ることで、その部分を丈夫にしています。では、ホワイトニングも同時にしたい場合はどうすれば良いのでしょう。エナメル質を強化したい場合には、ホワイトニングは諦めてしまわなくてはいけないのでしょうか。

 

そんなことはありません。ホワイトニング剤を使って白くしたい場合には、フッ素が含まれている歯磨きよりも前に使用すれば良いのです。

 

毎日の食事を食べたり飲み物を飲んだりする中で、エナメル質というのはどうしてもすり減ってしまいます。エナメル質が薄くなると、象牙質の部分はむき出しとなっていることになります。

 

そのため、象牙質の部分に傷がつけば汚れやステインなども付着して、黄ばみやくすみの原因になりやすくなるのです。

 

ですから、まず初めにホワイトニング剤を使用して、象牙質の部分にある汚れを取り除き、その後でエナメル質を強化すれば良いということになります。ホワイトニングはまず初めに使い、そしてフッ素によってエナメル質も強化すれば、だんだんに白い歯になっていきます。