生活まとめNavi

しみ対策は食品でも可能


しみ対策は体内からすることも出来る
トップ » ビューティー・ヘルス » しみ対策は食品でも可能

投稿

Site Info

しみを食事で撃退する

私はしみがとても多く悩んでいました。ネットで調べてもクリームしかなく、いくらクリームを塗ってもあまり効果が無かったです。しかしビタミンCを取れば少しは無くなるということを友人や知り合いに聞き、少しの期間試してみました。基本的に赤・黄色ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ、レモン、柿、明太子、キウイ、いちご、ブロッコリーといったものがビタミンCを多く含んだものだと調べて知りました。

しかししみをなくすためとはいえ、そんなに毎日摂取できるものではありません。私はビタミンCを多く含む食品といえば、レモンしか思い浮かびませんでしたが、調べてみるとこんなにあるものかと思いました。そして私の考えたのが、毎日どれか食品を入れて食事をするということにしました。

例えば、ピーマンなら野菜炒めに、ゆずなら焼きそばなどに入ても美味しいということを知りました。明太子やレモン、キウイ、いちご、ブロッコリーといったものは単品でも手を加えずに食事が出来ることが出来ます。そう考えれば1日に最低でも2品は摂取できることに気づき、それを毎日続けました。そして少しですがしみを減らすことができました。