ホワイトニングするならセルフと歯科医院どっちがお得なのか

MENU

まず施術の違いからチェックしてみよう

ホワイトニングならセルフ

歯の黄ばみを改善できる治療は、歯科医院で行うかセルフで行うか2つの方法があります。

 

どちらの治療法を選べば良いか迷ってしまったら、まずは比較してみましょう。比較する事によって、どちらがお得か自分に合っているかを判断しやすくなるからです。
比較をするにはまず、両方の施術法の違いを確認しなければいけません。

 

歯科医院で受けられる治療は、オフィスホワイトニングと言われています。歯の黄ばみを解消できる薬剤を塗り、その上からハロゲンライトやレーザーを照射して白くする治療法です。

 

ハロゲンライトを使う施術はティースホワイトニング、レーザーを用いる施術の場合はレーザーホワイトニングと言われています。特殊な器具を使うので歯科医院でなければ、施術を受ける事は出来ません。

 

セルフで行う施術はホームホワイトニングと言われています。

 

最初に歯科医院でマウスピースを製作し、歯を白くする薬剤を購入しなければいけないものの、自宅でケアできる手軽さが魅力です。

費用だけで比較した場合はホームホワイトニングがお得

施術法の違いが分かったら、どちらがお得かもチェックしてみましょう。費用面だけで比較した場合、ホームホワイトニングの方が断然お得です。

 

ティースホワイトニングにかかる平均的な費用は、歯1本に付き約1500円程度です。

 

レーザーを使い白くする治療法の場合は、レーザーの種類やクリニックによって費用に大きな差があります。
一般的な相場は約20万円から30万円程度ですが、クリニックによっては5万円から10万円というリーズナブルな費用で施術を受けられるようです。

 

一方、ホームホワイトニングは最初に作成するマウスピース代として約3万円、歯を白くする薬剤の費用は約5000円程度が相場となっています。

 

このように費用を比較してみると、自分で行うホームホワイトニングの方が金銭的負担は、かなり少ないという事が分かります。

 

費用面のみで考えるのであれば、セルフで行う施術法をチョイスした方が良いでしょう。

ケースによって変えるという事が大切

費用面だけで考えるのであれば、歯科医院で施術を受けるよりもホームホワイトニングを選んだ方がお得です。
しかし、場合によっては高くついてしまうケースもあるので、その点は注意する必要があります。

 

歯科医院で受けられる施術法の場合、即効性がある治療だと1回のみの施術で歯を白くする事が可能です。

 

施術も全て歯科医師が行ってくれるので、手間暇はかかりません。
ホームホワイトニングの場合、少しずつ歯を白くしていきます。
個人差はあるものの治療を始めてから効果を実感できるまでには、毎日ケアを行っても2週間程度はかかるでしょう。
また、マウスピースに薬剤を塗りはめるなどの手間暇がかかり、面倒臭がりな性格の方であれば途中でケアを止めてしまう恐れもあります。
白くなるまえにケアを止めてしまっては、マウスピースと薬剤の費用がムダになってしまいます。

 

歯を白くしたい場合、費用だけでなく自分に向いているかどうかも比較して、選ぶ事がとても大切です。

 

プレミアムブラントゥースなら歯磨きするのと同じ要領でホワイトニングジェルを歯ブラシに付けて磨くだけ。おすすめのセルフホワイトニング商品です。
https://xn--cckg4dwc9ce0dj6fza6f8e.asia/